FC2ブログ
2021.03.17 太陽の煌めき
こんにちは、飯田です。今回ご紹介するのは、強い輝きが目を引くクリスタルである、アポフィライトです。

NO 090703-AP-10 【 アポフィライト 特級品】 5㎝×4㎝×3㎝ ¥16.300
P1010415-20210217 (3)

胸に迫ってくるような、眩しいほどの輝きです! こちらの写真のアポフィライトは、透き通った輝きながらも、乳白色の柔らかい色合いがかわいらしさも感じさせます。そして、数あるアポフィライトのなかでも特級を誇る石です。アポフィライトのエネルギーは、陽の光を最大限に受け取って輝いているためか、太陽の光を浴びているような暖かさがあります。細胞のひとつひとつが、アポフィライトのエネルギーを浴びて喜んでいるようです。

ちなみに、このクリスタルブログのTOP写真となっているのは、アポフィライトのなかでも稀少価値の高いグリーンアポフィライトで、さらにハイグレードな最上級と言える逸品なんです。

P1010535-20210217 (2)

こちらは表面をアップにしたものです。虹のようにキラキラと光っていて、この光に照らされて全身が目覚めていきます。

NO 090703-AP-12 【 アポフィライト 特級品 】 6㎝×3.5㎝×4㎝ ¥16.800
P1010411 (3)

こちらも特級アポフィライトです。結晶が細かく、その一つひとつすべての結晶の透明感と輝きが素晴らしいです。アポフィライトは強い浄化力を持つクリスタルであり、頭から爪先までパワフルに洗われていくようです。

P1010512-20210217 (2)

アポフィライトのエネルギーは、すべてのチャクラへ影響しますが、この白のアポフィライトのエネルギーを感じてみると、頭頂から最も強く入ってきて、全身を駆け巡るようなイメージが湧きます。第六感を冴え渡らせて、目の前の人が必要としているメッセージが自然と浮かびやすくなり、喉のチャクラも開いて、それをまっすぐに人に対して伝えていけるように思います。自己肯定感が低いと感じている人には、自分の存在価値を思い出させてくれるクリスタルであるとも感じます。

P1010508-20210217 (2)

こちらは、裏側を撮影したものです。裏側までしっかりと特上の輝きです!

NO 090703-AP-6 【 アポフィライト 】 12㎝×5㎝×3.5㎝ ¥14.800
P1010443-20210217 (3)

こちらは、横に長くてエレガントさを感じさせるアポフィライトです。手に握ったりしてアポフィライトのエネルギーを心ゆくまで感じたくなります。

NO 1106 【 アポフィライト 】 6.5㎝×5㎝×3㎝ ¥9.200
P1010396-20210217 (2)

こちらのアポフィライトは、先端が尖った鋭い結晶が目を引きます。全身が貫かれるようなエネルギーです。

実はアポフィライトという名前の語源は、ギリシャ語で離れるという意味のapoと、葉っぱという意味のphyllonという単語が合わさった言葉から来ています。アポフィライトは衝撃に弱く、結晶が欠けるととても鋭くなります。しかし鋭い断面もとても魅力がありますね。

さらに、和名では魚眼石という名前が付けられています。これは英語でフィッシュアイストーンと呼ばれていることから名付けられており、この強い輝きがまるで魚の眼のようだからと言われています。アポフィライトの輝きは数あるクリスタルのなかでも上位ランクイン間違いなしです。

NO 1105 【 アポフィライト 】 5㎝×5㎝×3.5㎝ ¥7.300
P1010429-20210217 (3)

こちらは、大きな鋭い結晶と四角い結晶が目を引くアポフィライトです。光に当てると、すべての結晶がキラキラと輝いてとても綺麗です。

P1010551-20210217 (2)

こちらはアップにしたところです。この透明感‥たまりません。じっと見ているとトランス状態に誘われます。慌ただしい日常のなかでも、宇宙意識に繋いでくれるクリスタルだと感じます。

P1010380-20210217 (2)
¥7.300 ~ ¥16.800

いかがでしたか? アポフィライトの素晴らしい輝きを写真でお伝えしきれないことがとても残念なのですが、アースカレッジにお越しの際は、是非、直接手に取って、さまざまな角度からこの輝きとエネルギーを感じてみてください。次回もお楽しみに


気になるクリスタルがあった場合は、お気軽にお問い合わせ下さい。
クリスタルは、個人セッションやイベント等で当校にお越しの際に、直接手にとってご覧頂けます。 また、「クリスタルだけを見たい」という方も大歓迎です。

【 完売しました 】と書かれているものも、同タイプのクリスタルが入荷している場合がございます。
遠方にお住まいの方、当校にお越しになれない方も、ご購入頂けます。まずは、お電話かメールにてご連絡ください。


◆ アースカレッジ ◆
TEL・FAX : 03-5460-8820   
e-mail : info@earth-college.com
公式HPはこちら


こんにちは、飯田です。前回に引き続いて、今回も多彩な色の種類があるトルマリンをご紹介したいと思います。それではご覧ください。

NO 090604-RS24 【 トルマリン 】 1.5㎝×1㎝×0.3㎝ ¥4.800
P1010434-20200829.jpg

こちらは、とても華やかで愛らしいピンク色のトルマリンです。エッジ部分の緑色は、どこか屏風の絵のような渋い濃淡があります。まるで繊細すぎて真似ができない唯一無二のネイルアートにも見えてきて、計算しつくされたかのような完璧さに、惹き込まれてしまいます。

P1010211-20201204.jpg

ピンク色のなかを覗き込むと、緑のトルマリンがいくつも入り込んでいます。ピンク部分の透明感が素晴らしいですね。

NO 090604-RS23 【 トルマリン 】 1.5㎝×0.8㎝×0.3㎝ ¥4.800
P1010436-20200829.jpg

こちらのトルマリンは、やさしいピンク色と、苔むしたかのような深いグリーンがはっきりと2つに分かれています。ピンク部分の高周波なエネルギーと、深い緑色の大地に根付くようなエネルギーのバランスが絶妙です。じっと見ていると、桜餅のような和の雰囲気も感じます。

P1010214-20201204.jpg

トルマリンのなかでも、ピンクとグリーンの色は、ダントツでハートにエネルギーが響いてくる石です。ピンクトルマリンは、感情をビビッドにしてハートを強く揺さぶり、グリーントルマリンは、心の奥深くまで入り込んで、感情を込み上げさせるようなエネルギーです。そんな2つが合わさった石は、ハートチャクラを開くために強力なサポートをしてくれます。

ハートチャクラは愛のチャクラですが、特に現代では日常に忙殺され、他者との関係が希薄になって、ハートチャクラが閉じる傾向が強いと一般的には言われています。グリーンやピンクのトルマリンによりハートが開くと、自分が魂の奥底から本当に欲しているものに目覚めて、周囲の人と愛ある関係性を築いていくことに迷いが無くなると感じます。

NO 090604-RS25 【 トルマリン 】 2㎝×0.8㎝×0.3㎝ ¥4.800
P1010442-20200829.jpg

こちらは、グリーンの繊維状の模様が綺麗に出ているトルマリンで、見ているだけでハートが刺激されます。ちょこっと入った、ほんのりピンク色がとてもかわいらしいですね。楕円のような形もとてもいい味を出しています。

NO 090604-RS57 【 トルマリン 】 1.5㎝×0.8㎝×0.3㎝ ¥4.800
P1010447-20200829.jpg

こちらは、濃い緑と薄い緑の、しずく型になったトルマリンです。この石を胸に当てて、グリーンの心地いい癒しのエネルギーに身を委ねたくなります。

P1010226-20201204.jpg

こちらは光に当てたところです。グリーンの光沢が際立ってとても綺麗です。

P1010145-20201204.jpg
¥4.800

いかがでしたか? アースカレッジにお越しの際は、是非、直接手に取ってこのエネルギーを感じてみてください。次回もお楽しみに


気になるクリスタルがあった場合は、お気軽にお問い合わせ下さい。
クリスタルは、個人セッションやイベント等で当校にお越しの際に、直接手にとってご覧頂けます。 また、「クリスタルだけを見たい」という方も大歓迎です。

【 完売しました 】と書かれているものも、同タイプのクリスタルが入荷している場合がございます。
遠方にお住まいの方、当校にお越しになれない方も、ご購入頂けます。まずは、お電話かメールにてご連絡ください。


◆ アースカレッジ ◆
TEL・FAX : 03-5460-8820   
e-mail : info@earth-college.com
公式HPはこちら


こんにちは、飯田です。今回ご紹介するのは、トルマリンです。多彩な色合いのバリエーションを誇るトルマリンですが、今回は珍しい色合いの石が登場です。

NO 090604-RS21 【 トルマリン 】 2㎝×1㎝×0.3㎝ ¥6.800
P1010414-20200829.jpg

こちらのトルマリンは、ワインのようにとても深みのある赤です。ひし形のような形も、落ち着いた大人の雰囲気を醸し出しています。トルマリンのなかでも、赤のトルマリンは価値が高いと言われています。その昔、ルビーだと思われて王冠に使用していたものが、実は赤のトルマリンだったという逸話もあるほどの、宝石に匹敵する美しさです。

P1010418-20200829.jpg
¥5.800 ~ ¥7.800

こちらは三角形の形をしています。ところどころに入ったインクルージョンによってできる色の濃淡が魅惑的です。薄くベリー系の色合いになった部分も、とてもいい味わいを醸し出しています。じーっと見ていると、赤のトルマリンのエネルギーで、ハートがじんわりぽかぽかと温められて、全身の血液の巡りがよくなっていくようです。呼吸は深くなり、身体の細胞の隅々にまでエネルギーが行き渡っていくのを感じます。

P1010421-20200829.jpg

ここにはレインボーがキラキラと光っています。赤のトルマリンのエネルギーを、レインボーがさらに強めてくれます。

P1010428-20200829.jpg

こちらは、光にかざしてみた写真です。シックな深い赤とはまた違った魅力のある、鮮やかな世界がそこには広がっていて、思わず圧倒されてしまいます。

この深い赤色のトルマリンを持っていると、自分の本質的な魅力に自分自身が気付いて、さまざまな抑圧から解放されていくイメージが湧きます。魂が自由になり、心の底から出てくるものを素直に口に出して相手に伝えられるように思います。また、セクシャルなことへの抑圧や抵抗を緩めて、フラットに受け止められるよう促してくれるでしょう。人に対してオープンになることで、さらに持つ人の魅力を高めてくれる石だと感じます。

いかがでしたか? アースカレッジにお越しの際は、是非、直接手に取ってこのエネルギーを感じてみてください。次回もお楽しみに


気になるクリスタルがあった場合は、お気軽にお問い合わせ下さい。
クリスタルは、個人セッションやイベント等で当校にお越しの際に、直接手にとってご覧頂けます。 また、「クリスタルだけを見たい」という方も大歓迎です。

【 完売しました 】と書かれているものも、同タイプのクリスタルが入荷している場合がございます。
遠方にお住まいの方、当校にお越しになれない方も、ご購入頂けます。まずは、お電話かメールにてご連絡ください。


◆ アースカレッジ ◆
TEL・FAX : 03-5460-8820   
e-mail : info@earth-college.com
公式HPはこちら


2021.01.20 意思を貫く石
こんにちは、飯田です。今回ご紹介するのは、ハーキマーダイヤモンドのペンダントヘッドです。

NO 070927-20-C 【 ハーキマーダイヤモンド・ペンダントヘッド 】 3.5㎝×2㎝×1.5㎝ ¥45.000
P1010255-20201209.jpg

クリスタルの向こう側まで見えるほどの素晴らしい透明感と、惚れ惚れとするほどの強い輝きです。コロンとした形のハーキマーダイヤモンドが縦に並んで2つくっついています。
ハーキマーダイヤモンドは鉱物学的には水晶です。しかし、研磨をせず原石そのままで、ダイヤモンドに匹敵する輝きを持つと言われています。そのため、研磨していない原石のままの鉱物のなかで、世界で最も美しいと言われることがあります。

P1010274-20201209.jpg

このように、エレガントで繊細なゴールドのワイヤーに包み込まれた、存在感抜群なハーキマーダイヤモンド。ペンダントとして身に着けられたらと想像するだけでときめいてしまいますね。

ハーキマーダイヤモンドは、自分のなかに埋もれているあらゆる可能性を、奥底からすべて引き出し、開花させてくれるように思います。そして信念に向かって、強く固い意思を持って生きることができるイメージが湧きます。ハーキマーダイヤモンドのエネルギーは、内側から突き動かされるような強いパワーです。保身を打ち砕いて、その人が持って生まれた個性や才能、潜在能力までをも外に向かって発信し、人との繋がりを強固にしてくれる石だと感じます。

P1010245-20201209.jpg

こちらの写真に使用しているチェーンは別売ですが、お好きなチェーンや紐などを通してペンダントとして身に着けると、ハートチャクラにダイレクトにハーキマーダイヤモンドのエネルギーを感じることができます。ハートから全身へと、クリアなエネルギーが循環してきます。

このペンダントを着けると、ファッションやメイクなども、いつもよりきちんとしたくなりそうです。身に付けるだけで、外見も内面も、あらゆる面を格上げしてくれます。

P1010279-20201209.jpg

いかがでしたか? アースカレッジにお越しの際は、是非、直接手に取ってこのエネルギーを感じてみてください。次回もお楽しみ


気になるクリスタルがあった場合は、お気軽にお問い合わせ下さい。
クリスタルは、個人セッションやイベント等で当校にお越しの際に、直接手にとってご覧頂けます。 また、「クリスタルだけを見たい」という方も大歓迎です。

【 完売しました 】と書かれているものも、同タイプのクリスタルが入荷している場合がございます。
遠方にお住まいの方、当校にお越しになれない方も、ご購入頂けます。まずは、お電話かメールにてご連絡ください。


◆ アースカレッジ ◆
TEL・FAX : 03-5460-8820   
e-mail : info@earth-college.com
公式HPはこちら


こんにちは、飯田です。2021年が始まりましたね。今年もさまざまなクリスタルをご紹介していきますので、どうぞよろしくお願いします。
新年最初にご紹介するクリスタルは、パイライトとカルサイトが混じり合ってできた石です。

NO13-61 【 パイライト・カルサイト 】 6㎝×4.5㎝×4㎝ ¥5.500
P1010175-20201204.jpg

純白のカルサイトのなかに、金色のパイライトが混ざり合って、強い輝きを放っています。カルサイトの白さは濁りがひとつもないほどに素晴らしく、まるで降り積もった雪のようにも見えてきます。パイライトのどっしりとしたグラウンディングのエネルギーの中にも、あたたかで幻想的な雰囲気を感じます。

P1010180-20201204.jpg

カルサイトのなかにたくさん散りばめられたパイライトの結晶は、一つひとつが幾何学的な形をしていて、黄金の輝きが眩しいほどです。
火山活動で生まれたパイライト。火のエネルギー、そして大地のエネルギーで溢れていて、とてもパワフルです。見ているだけでずっしりとグラウンディングが促されます。

P1010192-20201204.jpg

カルサイト部分のアップです。粒状でとても細かく繊細な、真っ白なカルサイトが寄り集まっています。
パイライト、カルサイトどちらの結晶もすべてグレードが高く、豪華とはこのことだと思います。

この石のエネルギーを感じていると、日常の些細なことにまでも、あらゆることに心から価値を見出せるように思います。その一つひとつが、揺るぎない自信の土台となり、逆境にあっても立ち向かう力となるイメージが湧きます。

また、結晶がいくつも寄り集まっている姿は、賑やかにおしゃべりをしているようにも見えます。この石を持つことで、周囲の人と心を通わせたい欲求に対して素直になり、コミュニケーションが活発になりそうです。

P1010185-20201204.jpg

こちらは裏側を撮影したものです。パイライトの結晶が綺麗に列を作っているように見えて、これが自然にできたものであることが本当に不思議です。

P1010189-20201204.jpg

いかがでしたか? アースカレッジにお越しの際は、是非、直接手に取ってこのエネルギーを感じてみてください。次回もお楽しみに


気になるクリスタルがあった場合は、お気軽にお問い合わせ下さい。
クリスタルは、個人セッションやイベント等で当校にお越しの際に、直接手にとってご覧頂けます。 また、「クリスタルだけを見たい」という方も大歓迎です。

【 完売しました 】と書かれているものも、同タイプのクリスタルが入荷している場合がございます。
遠方にお住まいの方、当校にお越しになれない方も、ご購入頂けます。まずは、お電話かメールにてご連絡ください。


◆ アースカレッジ ◆
TEL・FAX : 03-5460-8820   
e-mail : info@earth-college.com
公式HPはこちら